戸建ての注文住宅の相場

戸建ての注文住宅の相場

戸建ての注文住宅の相場 注文住宅の戸建てでは、建てる側が広さはもちろん内装や材料まで細かく希望を出すことができます。そのため、相場がある程度決まっているマンションや建売りに比べると必要な予算は様々です。一般的に、広くて大きな建物の方が建築にかかる費用は高くなってきます。と言っても、家自体の見た目や機能によっては1坪あたりに必要な費用もだいぶ異なります。
なので、一般的に1坪あたりの金額と全体の広さで相場を考えていくことが大切です。外見が同じでも、注文住宅の場合は金額が同じとは限りません。例えば、リビングに使うフローリング一つ取っても色々な材料があります。床下暖房を入れたり換気扇を付けるなど、機能的にすればするほど高額になります。他にも、壁紙や柱の材質など組み合わせ方で安くも高くもできるというのが注文住宅の特徴です。30から40坪程度の広さなら、1000万円以下で建築することも可能です。一方で、同じ大きさの家でもその何倍もの費用をかけている家もあります。

地域差のある注文住宅とマンションの相場と購入の好機

地域差のある注文住宅とマンションの相場と購入の好機 注文住宅は、東京都や大阪府などの大都市圏ほど新築のマンションの平均販売価格と差が無い特徴がある事から天秤に掛ける施主が非常に多くいますが、住宅の平均販売価格の相場が安い鳥取県や秋田県などでは平均販売価格に大きな差が見られます。注文住宅は、土地付きで購入する場合の全国平均は延べ床面積34,2坪で4,039万円となっていますが、土地を所有している場合の全国平均は延べ床面積38,7坪で3,356万円となっており、土地を所有している施主は坪単価も86万円以上と高品質の注文住宅を依頼している傾向があります。
マンションは、2020年東京オリンピックを控えている東京で近年販売戸数が大幅に伸びているだけでなく数億円の物件が飛ぶ様に売れている事から相場が上昇しており、戸建住宅の販売価格が安定しているのが現状です。その為、土地付きの注文住宅は坪単価が20万円台〜60万円を超える住宅まであり、金利が安い今が購入のチャンスと言えます。