注文住宅を建てる前に注文住宅について勉強しましょう

当サイトでは注文住宅を建てたいと思っている方、検討中の方、また多くの情報が知りたい方のために、様々な観点から情報をご紹介しています。
具体的には、『建てるには費用はどれ位かかるのか』『工期はどのくらいを予定していればいいのか』、『2世帯住宅を考えている方向けの情報』、『施工業者の選び方がわからない方へのアドバイス』『おすすめが知りたい方』、『一戸建ての相場』などの内容となっています。
多くの方が知りたいお役立ち情報を集めていますので、是非参考にしてみてください。

注文住宅の費用と工期

注文住宅の費用と工期 注文住宅を建てるなら、一般の相場よりも安く建てられるに越した事はありません。
ここでは費用を安くおさえるために、知っておきたいポイントをいくつか見ていきましょう。
「重視したい部分とそれ以外のコスト配分を考える」・・設備や仕様などで、良いものにこだわりたい部分と、コストを抑えても構わない部分を考えてバランス総括し、予算内に納めることを考えましょう。
「懲りすぎた形状の建物は避ける」・・変わったデザインの住宅には、資材の加工費や特殊部品費用などがかかります。
「風呂・トイレなどの水周りを1箇所にまとめる」・・給排水の配管工事にかかる費用を抑えることで、建設コストはだいぶ低く出来ます。
「施工会社に価格交渉をする」・・どうしてもこの金額内で抑えたい、という意思をはっきり伝えることも大切です。
建売に比べて値引き交渉が難しいとされる注文住宅ですが、最初に予算をはっきり提示することが有効になる場合もあります。

注文住宅はこだわりが多くなるので工期が長くなる場合があります

注文住宅はこだわりが多くなるので工期が長くなる場合があります 家を建てるとき、細部にこだわりたいと考えたときは分譲よりも注文住宅を選び人が多いです。
建築資材から間取り、内装設備まで自分で選ぶことができるので、自由度が高くなり理想の住宅に近づけることができるからです。
しかし一方で注文住宅を選ぶことによって、分譲住宅よりも工期が長くなることがあります。
分譲住宅の場合は、建築資材を一気に仕入れて、同じような間取りで作ってしまいます。
しかし注文住宅の場合は、設備が特別注文や取り寄せになることもありますし、施工方法も一般より時間がかかるものになることがあるからです。
ただ工期が長くなるといっても、広さにも寄りますが基本的に3ヶ月ほどを目安に考えておけばいいといえます。
間取りなど細部にこだわりを持っていても、家の土台や基盤となる工法や構造はある程度決まっています。
それに取っとって建設をするのであれば、3ヶ月から遅くても半年未満になります。
建設を依頼するメーカーや工務店によって工期は異なりますから、事前に確認しておくことが重要です。
契約前に目安をきくことも大事ですが、契約書に明記をしてもらうと安心感があります。
契約書に明記されているよりも遅れるようであれば、対処を求めやすくなるでしょう。

千葉の注文住宅関連情報

千葉 注文住宅